樹脂成形、サイン、コンビテナーのヤマト・インダストリー



トピックス

MuCell射出成形機設置(平成13年3月)

  • 今業界で注目をあびている、MuCell(Micro Cellular Foarm)
    射出成形機の350トン1号機が平成13年3月3日に設置され、試験稼動に入りました。
  • 超臨界状態のCO2やN2を樹脂と混ぜることで、微細の発泡状態のプラスチックを作る技術。
  • 軽量化、省エネ・省材料、ひけ・そり防止、型締め力と射出圧低減、成形サイクル短縮、成形サイクル短縮、低温成形、樹脂流動性向上など汎用樹脂からエンプラまで、従来の発泡プラスチック分野にとどまらず、新たな製品市場の開拓が期待されます。